RPA(Robotic Process Automation)とは、産業用ロボットが人の手足の動きを代行してくれるように、人がパソコンで行っている作業を効率化・自動化するソフトウェアロボットです。業務の処理手順をRPAに登録しておくだけで、ソフトウェアやブラウザなどを横断して処理を行い、人手が足りないあなたの職場をサポートします。

あなたの職場に、こんな仕事はありませんか?

・営業担当者が作った受注伝票を事務担当者がシステムに登録する
・交通費申請の内容と乗り換え検索結果を比較し、申請内容の妥当性をチェックする
・勤怠管理システムから長時間残業者を検索し、一覧を作成する

 

RPA導入のメリット


その仕事、あなたに代わって「RPA」が行います。

RPAは、パソコンを使って行う「定型的な作業」を高速かつ正確に実施することが可能です。人の作業を代行するだけでなく、品質向上や作業期間の短縮など様々な効果をもたらします。

RPA導入までの流れ


RPAを導入するためには、業務の棚卸を行い、RPAの適用対象業務を検討、必要に応じてRPAが作業しやすいよう業務プロセスを見直し、シナリオを設定するといった作業が必要となります。RPA導入支援サービスでは、業務の整理やRPA運用に関するコンサルティングサービスなど各フェーズで技術者がご支援するサービスをご用意しております。

サービス サポート内容


活用事例


①【サービス・インフラ/総務・人事】旅費清算の確認業務

 

②【サービス・インフラ/コールセンター】集計データ加工業務

RPA導入支援サービスにてご提供するソリューション


お客様の利用環境や運用方法、自動化する作業の特性などを考慮し、最適な製品をご提案します。


※その他の製品もお取扱いできますので、お気軽にご相談ください。

 

※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。