企業成長のカギを握るDX(デジタルトランスフォーメーション)

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタルや最新テクノロジーを活用した、ビジネスプロセス・働き方・製品・サービス・ビジネスモデルの変革であり、競争力獲得に向けた変革です。

2018年9月に経済産業省は「DXレポート」にて「2025年の崖」という表現で、DXの遅れによるリスクを指摘しました。

(経済産業書の報告書はこちら

近年、第3のプラットフォーム(モバイル・ソーシャル技術・ビッグデータ・クラウド)の市場規模が年々拡大しており、それらを活用したビジネスモデルの変革を成し遂げた企業が急成長してきており、変革に対応しきれなかった企業との競争力に差が出ることは明らかです。

時代に対応した独自の競争優位を生み出し、生き残る為に、DXの実現が必要なのです。

DXが今後の企業に欠かせない背景

あらゆる企業はDX(デジタルトランスフォーメーション)によって経営戦略やビジネスモデル、組織の文化の変革が求められている一方で、既存システムのレガシー化、少子高齢化よる人材難により、システム運用保守に工数が多くとられビジネスモデル革新に向けたIT戦略実行にリソースを割くことができないという問題が指摘されています。

多くのリソースをシステム運用保守に割かざるをえない状況に対し、経済産業省も、既存レガシーシステムの保守費の拡大とIT人材の不足によって自社のDX推進の妨げとなり、2025年以降、全体で年間12兆円の損失が生じる可能性があると警鐘を鳴らしています。

既存システムのレガシー化

独特の商習慣に合わせシステムのカスタマイズ開発を繰り返してきた結果、システムが複雑になり、簡単にシステム改修やリプレースができない状況が生じています。

現在のビジネスプロセスと合わないとなった時に、

  1. 業務に合わせた開発多用により、個々のシステムへ独自ノウハウが存在
  2. システムが複雑でドキュメント整理、改修に時間を要する
  3. システム開発を行ってきた人材の退職でノウハウが失われ、ブラックボックス化
  4. 他システムへのデータ連携対応が無い

などの理由からシステム改修が難しく、自動化できない部分を人力で補う問題や、既存システムの運用保守に資源が割かれ、戦略的なIT投資に着手できない問題が発生しています。

人口減少による人材不足

少子高齢化が進み、年々、人手不足と感じている企業は増えていますが、新たに従業員を雇用し補おうとしても、

  1. 少子高齢化による労働市場の供給不足(今後も長期にわたり加速していく)
  2. 新規従業員の雇用には採用から育成まで多大な費用がかかる
  3. 育成には時間を要する

などの理由から、限界があります。

多くの企業で採用難や人件費高騰の問題を抱えており、より少ない人数で業務を運営することが必要になっています。また、働き手の高齢化も進んでおり、属人化した業務を担う担当者が退職することによる、ナレッジ喪失や継承者不在の問題も抱えています。

DX実現のポイント

多くの企業でDXを掲げていても、目の前の業務の小さな改善にとどまっていたり、新規技術のPoCを繰り返すばかりで実用化に至らない、ツール同士の連携が出来ず煩雑な業務が新たに生まれるなど、効果をあげられていないケースを多く見かけます。

明確な目的意識もなく単純なデジタルツールの導入や置き換えとしてデジタルトランスフォーメーションに取り組むのではなく、デジタル化による効果的・効率的な意思決定を可能とするビジネスモデルを変革することが本質です。したがって、デジタル化によって何を実現したいかを明確にする必要があります。

DX実現を成功する為には、企業目標を定め、全体最適化でDX戦略を立て、計画に沿ってデジタル化を進める必要があります。

クレアスバリューのDXコンサルティング

クレアスバリューでは、DX戦略のロードマップ作成だけでなく、目的に合わせたツールのご提案、導入のサポートまで伴走支援することを強みとしており、他社にはない価値を提供することが可能です。